堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
池田 義夫

  • 10月
  • 04日

植木の剪定|エクステリアの桑和

2016年 10月 04日

  • 営業・現場管理 | 池田 義夫
  • お仕事の話
img_6803-1.jpg

本日のブログ担当の池田です。


剪定の時期になりました。

庭木(植木)の剪定方法や時期!日常の手入れの方法です。

剪定は、庭木や植木のお手入れで重要な作業の1つです。やみくもに枝を切っても、樹木はうまく育ってくれません。むしろ、間違った時期や方法で剪定をしてしまい、花が咲かなかったり、枯れてしまったりといったことにもなりかねません。基本を知ることが、きれいな木を育てる第一歩となりますよ。今回は、庭木や植木の剪定の方法や時期、日常の手入れの方法などを説明したいと思います。

観賞用の庭木であれば、美しい樹形を保つため行います。一方栽培を目的とする植木であれば、生長させたい幹や枝の生長を促すために、余分な枝を切り落とします。
樹木にとって増えすぎた枝は、養分や水を吸い上げる根への負担を増やします。また、枝葉が混み合うことで風通しが悪くなり、害虫や菌の被害を受けやすくなることから、樹木の栽培において剪定は重要な役割をしめています。


一般に、常緑樹、針葉樹は新芽が出る前か、新葉の生長が一段落して新枝がある程度固まった頃、落葉樹は葉が落ちたあとの休眠中に基本剪定を行います。そして、繁茂した枝葉を整え、花後の手入れをするのが軽剪定です。剪定の適期は庭木や植木の種類や生長段階によって違うので、それぞれの樹木の生育サイクルに合わせた剪定を行うことが大切です。

ただし、早すぎる剪定や剪定の量が多すぎると、かえって不要な枝を増やすことがあります。特に、真夏は樹木の体力が落ちやすい時期なので、基本剪定はできるだけ控えるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
池田 義夫

池田 義夫

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
お客様との打ち合わせから完成まで、全ての工程で満足して頂けるように、スタッフ一同日々努力を惜しまない会社です。 特に現場の職方さんたちは良いものを作ろうと腕に磨きをかけております。
池田 義夫

最新記事 by 池田 義夫 (全て見る)

同じカテゴリの実績

オススメ記事

最近投稿された記事