堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
藤井智哉

  • 01月
  • 25日

冬の寒い時は|エクステリアの桑和

2018年 01月 25日

  • 営業・現場管理 | 藤井智哉
  • お役立ち
7405C88C-AD10-47C8-A244-F07144724474

本日のブログ担当の藤井です。

7B121273-0655-4629-9D33-0A3384DD7CD4

最近はものすごく寒いですね。

朝、外に置いてあるホースの中にたまっている水がが凍ったりしてホースが壊れてしまったりします。

しかし凍るのはホースなどの水だけではないです。

この寒い時にガレージの土間を打設などすると土間の表面が凍ってしまいコンクリートが固まった時に表面と中と分離してしまいます。

さらに凍っていたのが溶けてまた水が入って凍ると土間に大きなヒビがはいったりしてしまいます。

1度コンクリートが凍ってしまうと補修だけではすぐに割れてしまったりするので、1度コンクリートを取り払い1から打ち直さないといけません。

F1688520-93C8-48E5-BE65-F02B9AE73ED8

 

(土間打設中)

さらに凍るのは土間だけではありません。

タイルを貼る時も下地が凍ってしまったりします。

タイルを貼る時も下地にセメントを使ったりする貼り方だとタイルを貼った後、下地が凍ってしまいタイルと下地が分離しタイルが浮いた状態になってしまいます。

こうなるとタイルが剥がれやすくなったり割れやすくなってしまいます。

C1272FB5-B6EA-4CDD-A550-ABA6BC9C1519

 

(タイル貼り)

この様に土間などを打設する際にこの時期は天気だけではなく気温にも注意しないといけまさん。

もともと冬にとても寒くなる様な所では色々な対策法があると思いますが、普段最高気温が5℃以下ぐらいにならない所では寒くなる日に水を使う様な作業は控えたりするのが一番確実な方法だと思います。

 

最後になりますが、また最近は寒暖差が激しいので風邪やインフルエンザなどに掛からない様にお気をつけください。

 

 

The following two tabs change content below.
藤井智哉

藤井智哉

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
桑和に入社してから初めて体験する事ばかりです。 まだまだ知らない事が多いので、経験豊富な先輩方から色々学び、 早く仕事に活かせるように日々頑張っています。
藤井智哉

最新記事 by 藤井智哉 (全て見る)

オススメ記事

最近投稿された記事