堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
大西 効

  • 07月
  • 26日

ひと手間の紹介|エクステリアの桑和

2018年 07月 26日

  • 営業・現場管理 | 大西 効
  • お仕事の話
20180724134916690_0001

顔

本日担当の大西です。

 

毎日暑さの記録更新!なんて情報ばっかり聞いてると体がおかしくなりそうですねぇ。

今日は夕立?が降り、少しは涼しくなったのかな?台風12号の動向も気になります。

本日はちょっとした、言わなければわからないこだわりのひと手間を紹介したいと思います。

最近増えてきましたユニットシャッターですが、LIXILのワイドシャッターS Cタイプと言う商品が

ありまして、躯体が基本アルミで出来てまして、そこに下地ボードとして窯業系サイディングが貼っております。

そこに、タイルを貼ったり、塗装や塗り壁を施して仕上げるわけなのですが、どちらの仕上げにも対応している

ので、タイルではなく、塗装系の仕上げにした場合隙間が大きく空く部分が出来てしまうんですね。

2センチ程度の隙間なので気にならないかもしれないのですが、どうしても隙間を覗きこんでしまい、仕上げがそこまで

出来ない部分が見えたりすると気になってしまうんですね。

そこで、材料が別に掛かってしまうのですが、枠の色と同じL型アングルを用意して固定してみました。

同じLIXILの商品なので違和感なく溶け込み、もとからそうだったのではないかと思う出来です。

が、溶け込んでしまうので目立たなく、結局誰も気づかないのでここで発信してみました!

DSC_1597-s これが通常の何もしていない状態です。まあ、特に気にならない人はだから何?って感じですかね。

 

DSC_1598-s でもアップで見ると奥がどうしても気になります。これでも目一杯仕上げ突っ込んでもらったんですよ!

DSC_1602-s で、アングルを固定してもらった状態。壁までぴったり塞がって良いでしょ?

 

DSC_1603-s アップだとこんな感じ。違和感ないですね。アングルの向きも差し込むように使ったのでさらに違和感なし。

 

まあ、完全自己満足の世界です(笑)

でも、するとしないとでは、すっきり感が違うので今後もこんな納めが良いぞってものがあればUPしていきます!

 

コマーシャル 7/29日曜日の10:00からイベントを事務所で行います!カレーパン、ゲームも用意してますので来てくださいね!

 

 

 

The following two tabs change content below.
大西 効

大西 効

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
桑和に入社してエクステリアがまったく分からない状態だった頃から、気が付けば20年が過ぎました。 この仕事は奥が深くどれだけ学んでもまだ底が見えません! まあそこが面白いところだと思います。造園、土木、金物、水道、電気etc・・・ いろいろな職種が関わる楽しいやりがいのある職場です。
大西 効

最新記事 by 大西 効 (全て見る)

同じカテゴリの実績