堺市で外構工事なら株式会社桑和

よろしくお願いいたします。

設計・デザイン
ハッシー

  • 09月
  • 06日

夏の花|エクステリアの桑和

2018年 09月 06日

  • 設計・デザイン | ハッシー
IMG_1775

こんにちは。
本日ブログ担当のハッシーです。

今回は夏に開花する花をご紹介します。
最寄駅の北花田駅から事務所まで、住宅街を通るのですが、あちらこちらのお庭に咲いているのを見かけます。

IMG_2992サルスベリ

↑「サルスベリ」

木肌が触ってみると、他の樹木にはないすべすべとした手触りがあります=猿滑るところからきてます。
中国では花の色と咲く期間に注目して「百日紅」ヒャクジツコウと言うようです。
文字通り、ひとたび咲き始めるとその花期は長く、夏から秋にかけて約3ヶ月近くの間、夏の炎天下をものともせずに元気に咲き続けます。
1つの同じお花が3ヶ月咲き続けているわけではなく、お花が咲いて散った後、さらに新しい花が同じ枝から次々と咲き出るために、いつまでも咲き続けているように見えるのです。
開花時期が長い花に注目するのであれば、是非ともおススメしたい樹木です。

 

IMG_1625

↑「ノウゼンカズラ」

落葉性のつる性植物です。
つるの長さは3~10mに伸び、他のものに付着する気根を出して木や壁を這い上ります。
花期は7月~8月。 一輪一輪の花は短命ですが、花期の間、花は次々と開花します。

鮮やかなオレンジ色なので、お庭が明るくなります。

夏の花でもう一つ、

IMG_2948IMG_2947

↑「ハス」

ところで、蓮とスイレンとの違いって分かりますか?
スイレンは漢字にすると、睡蓮です。決して「水蓮」ではありませんよ!

この「睡蓮」にもちゃんと名前の由来があって、花は上記にもあるように開いて閉じてを3回繰り返します。

これを人間のサイクルに例えて 日中(開く=目覚める)夜(閉じる=眠る)というところから、「睡眠する蓮」→「睡蓮」なんですって。でも、蓮も開いて閉じてはするんですけどね???
違いで分かりやすいところで、葉っぱです。睡蓮も蓮も葉は円形ですが、よく見るとちょっとちがいます。
睡蓮は基本的に葉に切り込みが入りますが、蓮には入りません。
IMG_1801

↑スイレンの葉 葉っぱに切り込みが入っています。

IMG_2951

↑ハスの葉 切れ込みが入りません。

 

スイレン科の中で最も巨大なオオオニバス。
1枚の葉の直径は1.5mmか~2m程にもなり、子供が乗っても沈まないほどの浮力があります。
以前行った植物館で葉の裏側が展示してみることができました。
IMG_1802IMG_1803
網目になった太い葉脈の間に空気がたまり、葉を浮かせているのです。
葉脈自体にも空気をためていて、それが浮き袋の役割を果たしています。
また魚に葉を食べられてしまわないよう、するどいトゲで身を守っていると考えられます。

植物園など行かれた際には、注目してみてください。

 

では、本日はこの辺で・・・

 

The following two tabs change content below.
ハッシー

ハッシー

設計・デザイン株式会社 桑和
ハッシー

最新記事 by ハッシー (全て見る)