堺市で外構工事なら株式会社桑和

よろしくお願いいたします。

設計・デザイン
ハッシー

  • 10月
  • 23日

スマート宅配ポスト|エクステリアの桑和

2018年 10月 23日

  • 設計・デザイン | ハッシー
1807_EX_GRM_00054A

おはようございます。

本日ブログ担当のハッシーです。

先日の日曜日、弊社にガーデン相談会のイベントを催させていただきました。

来場していただいたお客様、ありがとうございました。

 

本日は、この10月から発売開始されたLIXILのスマート宅配ポストをご紹介します。

1807_EX_GRM_00061A

 

1807_EX_GRM_00055A

大きな特徴は、インターホン・照明・ポスト・表札・宅配ボックスが一体となっていて場所をとらない優れものです。

また、家にいる時も、いない時も荷物の受け取りに加え、発送もできます。

デザインも細いフレームなので、やぼったくならず、まさしくスマートな宅配ポスト!

ボックスの角は丸くなっており、角でよくぶつかる私には、優しい造りです。

1807_EX_GRM_00052A

 

二重扉になっており、外扉を開けると、郵便用と宅配用それぞれの内扉がついています。

1807_EX_GRM_00065A1807_EX_GRM_00053A

 

色の組み合わせもご覧のとおりっ♪

お家の雰囲気に合わせてお選びください!

1807_EX_GRM_00100A 1807_EX_GRM_00099A 1807_EX_GRM_00098A 1807_EX_GRM_00097A 1807_EX_GRM_00096A 1807_EX_GRM_00095A 1807_EX_GRM_00094A 1807_EX_GRM_00093A

さらに別売りのホームユニットを用いて、スマートフォンと連携する事により、外出先で状況を確認できたりするので、大変便利ですよ。

リフォームを考えられてる方、将来マイホームを考えている方も、ぜひぜひ宅配ポストの設置をご検討下さい。

 

文字数が足りないので、ずっと行きたかった太陽の塔の内部に入ることができたので、そのお話を・・・

1970年、大阪・千里丘陵で開催された大阪万博を象徴するアイコンの太陽の塔。

当時、太陽の塔につながる地下に展示されていた4つ目の顔 「地底の太陽」のレプリカの展示から始まります。

岡本太郎の芸術作品にも関わらず、万博終了後、行方不明になってしまい、いまだに見つかっていないそうで、復元されたもののようです。

20名くらいの人数区切られて、70メートルある太陽の塔の内部にそびえる生命の樹を見学しながら階段で登っていきます。

20181023094609449_0001

※画像は購入したポストカードのものです。

開催当時にあった太陽の塔を取り囲む、トラス構造の大屋根がありました。

 

20181023094927919_0001

20181023094905565_0001

この大屋根にある展示スペースへエスカレーター5基を乗り継ぎ、右腕から大屋根に出るかたちだったようです。

反対の左腕は非常階段となっていて、徐々に変化する照明の中、天に伸びて行く階段と、規則的なむき出しの鉄骨がとてもキレイです。

内部は写真撮影不可なので、現地へ赴いて体験してみてください。

赤をはじめとした、強烈な色合いが織りなす空間は、『生命の賛歌』という曲が相まって、独特の演出がされていますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ハッシー

ハッシー

設計・デザイン株式会社 桑和
ハッシー

最新記事 by ハッシー (全て見る)

同じカテゴリの実績

オススメ記事

最近投稿された記事