ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
角井 浄

  • 07月
  • 13日

加工した御影石|エクステリアの桑和

2015年 07月 13日

  • 営業・現場管理 | 角井 浄
IMG_4206-0.jpg

本日担当の角井です

外構工事には様々な物を扱います

アルミ、鉄、コンクリート、レンガ、

石、ガラス、木、

中でも、今回は石について

特に御影石についてです

 

御影石について

御影石でも加工した物が色々あります

良く使う敷石 300×600

300×300のサイズ
良くアプローチやガレージ土間に使います

薄く加工して貼りものなどに使う

板石

薄手なので扱いやすいですね
階段の段バナや土間の見切りの

延石


グレー

サビ


色も様々です

表面の仕上がりも


ちょっと分かりずらいですが磨き仕上がり


サビ
使い方によっては高級感があります。
小さいサイズで使いやすい

ピンコロ二丁




サビ

グレー
この辺のタイプは階段の立ち上がりや花ダンの縁どりなどにも使えて良い感じに仕上がります。

細かな仕上がりにも使えますのでキレイに収まります。

御影石は耐久性には優れ、石の中でも硬いです。

表面は加工して居ますがどうしても自然な物なので、サビてきたり欠けたり汚れも付きます…。

 

が、これもまたあじが出て、良い感じになります。

僕個人的には古くなっている元の原型が分からないぐらいの方が、お庭造りには雰囲気が出て好きですね。

 

例えば、


こんな感じの形が違う物でオリジナルに積んだり、敷石や飛び石に使うなど

 

つくばいも


こんな感じの方がが雰囲気が出ますよね

 

外構には色々な素材が使われますが、お庭は石が大事なので

いつもお庭に石を使う場合は色、雰囲気などに心がけて居ます。

The following two tabs change content below.
角井 浄

角井 浄

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
幼い頃から絵を描くのが好きだった僕は、設計デザインに興味が有り、自分の考えた物を形に残したい想いで日々頑張っております。 色々な作品をお客様と一緒につくりあげていきたいと思います。
角井 浄

最新記事 by 角井 浄 (全て見る)

同じカテゴリの実績

オススメ記事

最近投稿された記事