機能門柱のお話

堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

  • 02月
  • 09日

機能門柱のお話|エクステリアの桑和

2016年 02月 09日

  • 設計 | 河野 裕治
  • お役立ち

こんにちは。本日ブログ担当の河野です。

今回は機能門柱のお話をしたいと思います。

IMG_7004

 

 

機能門柱というよりも

この仕事を始めたばかりの頃、門灯、表札、ポスト、インターホンという、所謂門廻りの機能を一つにまとめた「機能門柱」の存在を知って衝撃を受けたものでした。

(というより、それまで他人の家のそんなものを気にしてみていなかった。笑)

かつては機能門柱と言えば、1本のポールにポストなどが引っ付いているものが多く、「機能ポール」と呼ぶほうがしっくり来ました。

エスポ3型

(写真:三協アルミ エスポ2型)

 

エレニー

(写真:三協 エレニー)

 

バリエーションも豊富に

もちろん、現在もポール式の物は健在ですが、それ以外の機能門柱のバリエーションが随分と豊富になりました。

例えば、シンプルモダンというスタイルが確立されてからは丸型のポールではなく、四角くて細長い、スタイリッシュなイメージのものが多く発売されました。

 

モデア

(写真:三協 モデア)

 

下の写真のような、近未来的なデザインのものもあります。カラーもビビットでなかなかカッコいいです。

裏側にはベンチもついており、座ったり、プランターを置いたりと、門柱以外の機能も備わっています。

 

ステイム

(写真:三協 ステイム)

 

別の機能を有すると言えば、宅配ポストを組み込んだものも発売されています。

向こう側に植栽があったりすると、フレーム効果でよく見えます。

 

フレムス

(写真:三協 フレムス)

 

数年前に出たLIXILの『テグランNEO』はボードと一体になっており、タイルを貼ったり、塗装を施したりもできるので、外壁などに合わせることも一つの方法ですね。

 

テグランNEO

(写真:LIXIL テグランNEO)

 

他にもいろいろな表情を持った商品がたくさんあるので、是非お気に入りの機能門柱を見つけてください。

The following two tabs change content below.
河野 裕治

河野 裕治

プランナー(設計)株式会社 桑和
どうすれば100%を、101%にできるかを考える会社です。 例えば、美観、強度、施工性など、お客様だけでなく、私たち自身も満足し、納得できるものを作り上げるよう、日々努力しています。
河野 裕治

最新記事 by 河野 裕治 (全て見る)

オススメ記事

最近投稿された記事