堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
後藤 哲志

  • 06月
  • 14日

型枠|エクステリアの桑和

2016年 06月 14日

  • 営業・現場管理 | 後藤 哲志
  • お仕事の話
s503-b

こんにちは。本日ブログ担当の後藤(哲)です。

IMG_6829s

ブロックを積む前のベースやアプローチやタイルの下地の施工前の生コンを打設する前に抜き板型枠をつくるんですが

板はもちろん直線なんで直線の下地ベースなどは寸法通りにカットするだけなんですが曲線になると、板が曲がるように板に1本1本ノコギリで筋を入れて行って曲線に仕上げてくれています。

s503-b

工事で使う抜き板。長さが4m近くあるんでぐにゃぐにゃして持ち運びは慎重にしないといけません。

RIMG0027 (2)-s

直線で抜き板を使用しています。

RIMG0217-sss

こちらは曲線になっているのでぬき板に切れ目を入れて図面通りの曲線に仕上げています。

現場で見るときれいな曲線だなぁと思いますが、なかなか手間のかかる作業です。

先日、現場の材料でonly oneの型つむりという商品を購入しました。

main_image

直線で抜き板を使用しています。素材なので簡単に曲げて使う事が出来る商品です。

DSC_0627-s

その型つむりを使用した現場です。鉄筋を刺す穴も開いているのでずれる心配もないですし、繰り返し使用できるのでコストパフォーマンスもよさそうでした。

t010000395417

メーカーさんホームページを見てみるとこんな急な曲線にも使えると書いていました。

使い方次第で工期短縮と施工短縮に役立ちそうです。

今年の新カタログも各メーカー出そろったので新商品などに目を通して施工に役立ちそうな商品を探して見たいと思います。

The following two tabs change content below.
後藤 哲志

後藤 哲志

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
エクステリアの仕事をやり始めて10年近くたちますが世間に流行があるようにエクステリアにも流行があります。 その時代のいい所を吸収し、悪い所は同じ失敗を繰り返さない努力をしている会社だと思います。
後藤 哲志

最新記事 by 後藤 哲志 (全て見る)

同じカテゴリの実績