堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

  • 06月
  • 23日

門扉のお話②|エクステリアの桑和

2016年 06月 23日

  • 設計 | 河野 裕治
  • お役立ち
CIMG0115

こんにちは。本日ブログ担当の河野です。

IMG_7004

 

前回の続きで、門扉のお話ですが、今回把手と錠について。

把手は主に「レバータイプ」、「プレートタイプ」、「バータイプ」の三つに分かれます。

レバータイプのものは、見た目通り、レバーの上げ下げで、扉を開閉することができます。

後に挙げた「プレートタイプ」、「バータイプ」は押すと引っ張るで開閉が可能です。所謂、「タッチ錠」と呼ばれるもので、体の不自由な方でも使やすくなっています。

錠の種類

 

(写真:LIXILカタログより抜粋)

 

もちろん、鍵もついています。耐ピッキング性能を持ったものもあるので、セキュリティ面でも安心です。

内側はサムターンになっているものが多いのですが、ツマミの部分を取り外すことができる便利なものもあります。

内外両方を錠にする「両面シリンダー錠」仕様もあります。

両面シリンダー錠

(写真:LIXILカタログより抜粋)

 

また金額はアップしますが、電気によって施解錠を管理する「電気錠」というのもあります。

リモコンをカバンなどに入れておけば、近づくだけで開錠ができるものやボタンを押すだけのもの、ケータイやカードをかざすだけのものなど、その種類は少しずつ増えつつあります。

電気錠

(写真:LIXILカタログより抜粋)

 

テレビドアホンとの連動、数字を入力式のキーなどのオプションも充実しております。

シークレットキー

(写真:LIXILカタログより抜粋)

 

把手や錠は形も仕様も、商品によって対応しているものとしていないものがあり、必ずしも気に入ったものが選べるとは限りません。

特に電気錠は条件により設置や動作しない場合もあるので、注意が必要です。

The following two tabs change content below.
河野 裕治

河野 裕治

プランナー(設計)株式会社 桑和
どうすれば100%を、101%にできるかを考える会社です。 例えば、美観、強度、施工性など、お客様だけでなく、私たち自身も満足し、納得できるものを作り上げるよう、日々努力しています。
河野 裕治

最新記事 by 河野 裕治 (全て見る)