ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

  • 07月
  • 07日

和のガーデングッズのお話|エクステリアの桑和

2016年 07月 07日

  • 設計 | 河野 裕治
  • お役立ち
すずめ2羽

こんにちは。本日ブログ担当の河野です。

IMG_7004

和風のお庭というのが、昔から好きです。

最近はマツや蹲などを使った本格的な和の庭を要望される方はぐっと減ってしまい、雰囲気だけを作る和「風」の庭が多くなりました。

それでも素材には本物の石や竹垣を使うのですが、主にタカショーさんから樹脂製の商品が出されています。

今回はそんな和のガーデングッズを紹介したいと思います。

 

まずは筧。和の演出には持って来いです。よく似たもので、竹製のししおどしなどもあります。

クヌギカケヒ

(写真:タカショー クヌギカケヒ)

 

そしてスダレ。最近は、100均でも売っていますけどね。笑。

軒掛けスダレ

(写真:タカショー 軒掛けスダレ)

 

景石。こちらも天然ではなく、樹脂製です。天然石に比べて軽いので屋内や坪庭などにも使い易いです。

そして本物に比べてかなりリーズナブルです。

景石4号

(写真:タカショー 景石4号)

 

灯篭。これも樹脂製です。

織部灯篭

(写真:タカショー 織部灯篭)

 

そして丸々一式がセットになった坪庭セット。

竹垣や砂利、作り物の植栽。照明がついているものもあります。

 

坪庭 蛍火

(写真:タカショー 坪庭 蛍火)

坪庭5

(写真:タカショー 坪庭5)

 

ただし、これは残念なことに室内用です。建物の一角や室内のちょっとしたスペースの演出として設置するにはちょうど良さそうです。

 

本物志向の方にはなかなか受け入れられないかもしれませんが、フェンスや門扉などにも「木調」といったイメージでラミネートのものもあるので、

最近の流れとしては、別に問題ない気がします。

The following two tabs change content below.
河野 裕治

河野 裕治

プランナー(設計)株式会社 桑和
どうすれば100%を、101%にできるかを考える会社です。 例えば、美観、強度、施工性など、お客様だけでなく、私たち自身も満足し、納得できるものを作り上げるよう、日々努力しています。
河野 裕治

最新記事 by 河野 裕治 (全て見る)

オススメ記事

最近投稿された記事