堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
後藤 哲志

  • 07月
  • 25日

プラスG|エクステリアの桑和

2016年 07月 25日

  • 営業・現場管理 | 後藤 哲志
plusg_keyvisual_01

こんにちは。本日ブログ担当の後藤(哲)です。

IMG_6829s

敷地全体をデザインできるプラスGという商品があります。

plusg_keyvisual_01

室内で暮らす安心感と屋外で過ごす解放感。

プラスGhaこの2つの心地よさを庭を間取ることで両立させています。

間取るという発想で住空間を構成している庭、門まわり、車庫まわりに

新しい役割を与え、敷地とライフスタイルの可能性を広げます。

プラスGには様々なアイテムがあり組み合わせることで新しい空間が生まれる商品です。

Gフレームを基本的な骨組みとし、GスクリーンやGルーフなど多彩なエクステリアアイテムを組み合わせることで敷地全体を自由自在をデザインすることができます。

feature_img_04

Gフレームとは敷地を自在にレイアウトし間取りの骨組みを作ることのできる商品です。

Gスクリーンとはゆるやかに間取る。光を彩り込み視線を遮りことのできる商品です。

Gルーフは雨を遮り陽光をコントロールすることのできる商品です。

今年の6月にはGルーフにポイントルーフタイプという新商品がでました。

pointroof_img_01

ポイントルーフタイプの特徴は主張しすぎないシンプルな美しさが魅力のルーフです。

pointroof_img_04 pointroof_img_01

敷地や使い勝手に合わせてフィットする多彩な組み合わせパターンでファザードに新たな表情をプラスし機能的なルーフ空間をデザインすることができます。

The following two tabs change content below.
後藤 哲志

後藤 哲志

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
エクステリアの仕事をやり始めて10年近くたちますが世間に流行があるようにエクステリアにも流行があります。 その時代のいい所を吸収し、悪い所は同じ失敗を繰り返さない努力をしている会社だと思います。
後藤 哲志

最新記事 by 後藤 哲志 (全て見る)