堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
後藤 哲志

  • 09月
  • 20日

水遣り|エクステリアの桑和

2016年 09月 20日

  • 営業・現場管理 | 後藤 哲志
%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%a4%e6%a0%bd%e5%9f%b92

自動灌水について

今日は最近お客様からもよく聞かれる「自動灌水」についてお話しです。

何が良いかって、まず毎日の水遣りの手間が省けます。

時間がとられたり、夏場だと虫に刺されたりするのが無くなります。

またどこか遠出するときでも安心です!

デメリットは、自分で水遣りをしていた時よりも植物を見る回数が減ってしまう事ですね。

気づいた時にはもう遅いってな事が起きやすいです。

 

実はわが社にもセットしております。

DSCN5206

カクダイさんの商品です。

こちらは電池で動くタイプです。他にコンセントから電源とって動くものあります。

それぞれにメリットとデメリットが。。。

電池タイプ:電池交換が必要。電池切れが心配。1年に1回交換するようにしています。

電源タイプ:近くに外部コンセントが必要。なければ電気工事が発生します。

 

どのように水遣りを行うか

それは先端に使うノズルで変わってきます。

わが社では勢いよく水が飛びだすノズルを使っています。

IMG_6712

IMG_7905

他にもチューブに穴が空いて、そこからチョロチョロ水がでるドリップチューブ

水遣り時のみ、水の勢いでスクリンプラーが飛びだし、水遣りが終わるとスッキリと納まるノズル等

色々な灌水方法が行えます。

それぞれの環境によって、水遣りの方法、水遣り日、水遣り時間等は異なってきます。

植物達に適合した水遣りで元気よく育ってくれています。

The following two tabs change content below.
後藤 哲志

後藤 哲志

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
エクステリアの仕事をやり始めて10年近くたちますが世間に流行があるようにエクステリアにも流行があります。 その時代のいい所を吸収し、悪い所は同じ失敗を繰り返さない努力をしている会社だと思います。
後藤 哲志

最新記事 by 後藤 哲志 (全て見る)