堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
藤井智哉

  • 12月
  • 15日

外構工事の豆知識|エクステリアの桑和

2016年 12月 15日

  • 営業・現場管理 | 藤井智哉
img_2176

本日のブログ担当の藤井です。

img_0776

今回は外構工事の際に職人がしたりしている事についてお話したいと思います。

img_2390

まずこちらの写真についてです。

こちらは塗装する前の門柱です。

このようにブロックに直接塗装するのではなく、下地を綺麗に一度作ってから塗る事で塗装の際に綺麗に塗れるのでムラが出にくく、塗装の際にはさらに下地に防水剤を塗るので塗装が剥がれたりしにくくなります。

さらに下地にクラック防止ネットを入れて下地を作るので下地が割れたりしにくいです。

img_2291

次はこちら、砂利敷きの前の防草シートです。

土の上に砂利を敷く事で見た目が良くなる事はもちろん雑草が生えにくくなったりします。

しかしそれでも砂利の間から雑草が生えてきたりするので草抜きが大変です。

しかし、砂利を敷く前に防草シートを敷く事によってさらに雑草が生えにくくなります。

しかも、もし雑草が生えてきても防草シートの上に生えているので根が土まで行かず簡単に抜くことができます。

今回はこの2例を紹介話させていただきましたが、このように職人がやっている作業にはこんな意味があるんだと思っていただければ嬉しいです。

 

The following two tabs change content below.
藤井智哉

藤井智哉

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
桑和に入社してから初めて体験する事ばかりです。 まだまだ知らない事が多いので、経験豊富な先輩方から色々学び、 早く仕事に活かせるように日々頑張っています。
藤井智哉

最新記事 by 藤井智哉 (全て見る)

同じカテゴリの実績

オススメ記事

最近投稿された記事