ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

営業・現場管理
藤井智哉

  • 03月
  • 21日

お庭のスペースに|エクステリアの桑和

2017年 03月 21日

  • 営業・現場管理 | 藤井智哉
IMG_2412

本日のブログ担当の藤井です。

IMG_0754

 

今回はお庭の空いている土の部分のスペースに芝生をやりたいと言う方の為に芝生について紹介させて頂きたいと思います。

まず芝生とは芝草が密集して生えている状態のものを芝生といいます。

外構工事で芝を貼る場合でもある程度の大きさのマット状ものを貼って行きます。

IMG_2642

こちらが芝の貼り方が目地貼りといい、芝と芝の隙間を数cmほど空け、交互にずらして貼る貼り方です。

レンガ積んだ時と同じ様な見た目になります。

空いている隙間の部分も何時か芝が生えてきてもっとびっちりと貼った時みたいになるので心配は要りません。

次に芝生の管理についてですが芝には日本芝と西洋芝があります。

おおまかな説明をすると日本芝は西洋芝に比べると育てやすく、西洋芝は日本芝より手入れが必要で育てるのが難しいです。

なので初めは日本芝がオススメです。

しかし、手入れをするのがしんどい、する暇がないと言う方は自動潅水システムをつけるか、人工芝を敷くといいと思います。

IMG_2412

こちらは自動潅水の画像です。

こちらを使う事によって水やりの手間が省けます。

IMG_2518

(ユニソン クオリティターフ)

こちらはユニソンさんの人工芝、クオリティターフになります。

人工芝は敷いたらそのままで水やりや草刈りなどの必要がなく、お手軽です。

お庭の空いているスペースを土のまま置いておくのと芝生をするのとでは、見た目が凄く違うので興味がある方は是非いかがでしょうか

 

 

The following two tabs change content below.
藤井智哉

藤井智哉

プランナー(営業・現場管理)株式会社 桑和
桑和に入社してから初めて体験する事ばかりです。 まだまだ知らない事が多いので、経験豊富な先輩方から色々学び、 早く仕事に活かせるように日々頑張っています。
藤井智哉

最新記事 by 藤井智哉 (全て見る)

同じカテゴリの実績

オススメ記事

最近投稿された記事