堺市で外構工事なら株式会社桑和

ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。ブログに記載するコメントのスペースです。

  • 05月
  • 02日

「庭をどうしたいか」のお話|エクステリアの桑和

2017年 05月 02日

  • 設計 | 河野 裕治
  • お役立ち
パース①

こんにちは。本日ブログ担当の河野です。

IMG_7004

 

エクステリアの空間も建物の中と同じで、使えるスペースは決まっています。

その中で優先するのは、当然生活していくうえで絶対に必要なもの。

門柱、アプローチ(階段)、境界のブロック・フェンス、そしてガレージ(車がない方には必要のない方は別として)。

これらをまず初めに決定して、残りがフリーに庭として使えるスペースです。

今日のお話はその「庭」をどうしたいかというお話。

「家族で使うプライベイトな庭」をご希望される方は、ウッドデッキやテラスを中心に計画し、お隣の視線にも気を配って、目隠しフェンスなどを取り入れるといいと思います。

「お友達などとワイワイ楽しむための庭」をご希望される方は、上のデッキやテラスの他にバーベキュー炉、ガーデンシンク、ベンチを計画されるといいでしょう。

「お子様やペットの遊び場としての庭」をご希望される方は、芝生などを中心にした、障害物の少ない広いスペースの確保を目的とした計画が良いかもしれません。最近はペットのためにガーデンルームを取り入れる方も多いです。

「使うことを重視する庭』をご希望される方は、床をコンクリートで仕上げて、物干しスペース、物置スペースとするだけでなく、雨風を塞げるテラス屋根、サンルームを検討されるといいです。

「ガーデニング空間」をご希望される方は、花壇だけでなく、花台の設置やプランターを収納しておくためのスペース、パラソルやオーニングの設置も検討されるといいでしょう。

「眺める庭」をご希望の方は、昔ながらの灯篭や蹲を使う方法、近頃ですとガラスのウォールやアイアン飾りと植栽を組み合わせたりが良いと思います。またライトアップで夜の景色にもこだわりたいところです。

上記のいくつかのパターンを組み合わせるのも良いと思います。

環境によりできることできないことはありますが、まずは庭を「どう使いたいか」を検討されてはいかがでしょうか。

 

パース③(デッキ部分)

 

 

 

パース⑤

 

 

パース②(和庭)

The following two tabs change content below.
河野 裕治

河野 裕治

プランナー(設計)株式会社 桑和
どうすれば100%を、101%にできるかを考える会社です。 例えば、美観、強度、施工性など、お客様だけでなく、私たち自身も満足し、納得できるものを作り上げるよう、日々努力しています。
河野 裕治

最新記事 by 河野 裕治 (全て見る)

オススメ記事

最近投稿された記事