よろしくお願いいたします。

設計・デザイン
ハッシー

  • 07月
  • 08日

紫陽花|エクステリアの桑和

2017年 07月 08日

  • 設計・デザイン | ハッシー
  • お役立ち
IMG_1589

こんにちは。

本日よりブログ投稿に参加することになりました、設計課のハッシーです。

エクステリア商品の説明及び、設計目線での意見など、ゆるりとご紹介していけたらと思っています。

 

梅雨の時季の花といえば、紫陽花です。

様々な種類があり、ブライダルブーケにもよく使われ、ドライフラワーにもなる、私の好きな植物のひとつです。

IMG_1583IMG_1592IMG_1567

花のように見える部分は、萼と呼ばれる葉っぱが変化したものです。

 

根から吸収される養分によって花色が変わります。

土が酸性だと青色や紫色、中性~アルカリ性だと赤色やピンク色になります。

酸性の土にはアルミニウムが含まれており、このアルミニウムがアジサイの中のアントシアニンという物質とくっつくことで、花色が青へと変わるのです。

つまり、紫陽花はもともとピンク色(?)ということになります。

ただ、根がアルミニウムを吸い上げる度合いによって変わるので、同じ場所で育てていても色の濃さが微妙に違ってくるようです。

白い紫陽花は品種は色素をもたないので、土壌の影響は受けません。

 

上記の写真は、先日行った宇治市にあるの三室戸寺の『あじさい園』のものです。

IMG_1570

50種類、1万株の紫陽花が植えられておりとても綺麗でした。

あじさいの他にも、

IMG_1572

蓮の花や、

IMG_1579

菖蒲など、夏の花が植えられてました。

 

IMG_1578

枯山水庭園

 

IMG_1582

池泉庭園もあってよかったです。

 

お庭に植えたい樹木や花などございましたら、提案時にお聞かせください。

これから宜しくお願いします。

 

The following two tabs change content below.
ハッシー

ハッシー

設計・デザイン株式会社 桑和
ハッシー

最新記事 by ハッシー (全て見る)