堺市で外構工事なら株式会社桑和
  • TOP
  • 庭のお手入れ方法

庭のお手入れ方法

庭

素敵なお庭を維持するために

外構リフォームを行って素敵なお庭を作っても、お手入れがきちんと行き届いていなければお庭の良さが引き出せません。

そこで、堺市にあるsowaでは大阪府堺市を中心に、富田林羽曳野和泉市も対象にお手入れが少なくて済むお庭のご提案もさせて頂いております。芝は人工芝を使用し、スタンプ工法という特殊な技術をご利用いただければお手入れも簡単です。しかし、お客様の中にはお庭を作ったらご自身でお手入れをしてガーデニングなどを楽しみたいと思われている方もございます。そんな方のために簡単で効果的なお庭のお手入れ方法をご紹介致します。

庭木のお手入れ

庭木・植栽のお手入れ

庭木の水やりは、少ない回数で一度にたっぷりあげるのが基本です。
高い木には一本あたり30秒から1分程度の時間をかけてしっかりあげてください。

季節によっても水やりの回数や時間も変えたほうがいいです。

例えば夏は、朝の10時までと夕方は5時以降の毎日2回。春と秋は、最低二日に一度は水やりを行ってください。

冬は晴れの日が続いたとき以外は水やりをしなくても大丈夫です。花壇やプランターなどは、定期的な水やりが必要で、土の表面が乾いたら水をあげてください。

外構リフォームなどでして、植えたばかりの植木は根が傷ついて弱っている場合が多いので、きちんと根が張るまでは雨の日以外、土の乾き具合を見ながら毎日たっぷりと水をあげましょう。

剪定

剪定(せんてい)の時期

剪定は形を整える、風通しを良くする、など庭木のお手入れに欠かせない大切な作業です。剪定を行うことで木が綺麗に育ち、花を咲かせ、実をつけます。

多くなってしまった枝を切ることで木全体に養分が行き渡るようになり、病害虫を予防することにも繋がります。

しかし、時期を間違えると花の蕾を切ってしまい花が咲かない、実がつかない、などになりかねませんので、樹木の種類によっては注意が必要です。

例えば、針葉樹と呼ばれる種類の一般的な剪定の時期は春先と10月から11月頃がいいとされています。

常緑樹は春の新芽が伸びる5月から6月と成長が止まる9月から10月頃が最適です。

株式会社桑和スタッフ

sowaでは外構リフォームを行ったお客様を対象に、お手入れの仕方がわからない方向けのメンテナンスブックを作成しています。

ウッドデッキやタイルなどのナチュラルデザインのイメージを施した、施工箇所に応じたメンテナンスのやり方を記載しております。

その他、メンテナンスに関する以外のことでも担当スタッフにお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ