堺市で外構工事なら株式会社桑和
  • TOP
  • エクステリアスタイルの違い

エクステリアスタイルの違い

エクステリアもスタイル別に分ける事ができます。

こちらでは、エクステリアスタイルの違いについてご紹介いたします。エクステリアのデザインにお悩みの方は、ぜひご参考ください。
オープンスタイル

敷地に余裕がある郊外などによく用いられる開放感のあるスタイルで、庭木や花などを植栽して住人だけでなく、周囲の方の目を楽しませる事もできます。それにより、四季折々の花の美しさを楽しむ事もできますし、お茶を楽しむ空間として充実した休日を演出してくれます。エントランスも比較的、広めに確保できるので来客時の駐車場スペースにする事もできます。
また、敷地内が外からよく見えるので、不審な人物が侵入しにくいという防犯面での利点もあります。

ガーデン
クローズドスタイル

市街地に住んでいて土地の関係上、近隣住宅との距離があまりない場合などによく用いられます。門扉はもちろん、塀で住宅をしっかりと囲んだスタイルです。
プライバシーの保護やお子さん、ペットの飛び出しを防ぐという安全性に配慮する事も可能です。そのため、歩行者や車の交通量が多い場所にもよく用いられるスタイルです。
閉鎖的になりすぎないクローズドスタイルのご提案もsowaにお任せください。

セミオープンスタイル

オープンスタイルとクローズドスタイルの両方をバランス良く取り入れたスタイルで、背の低い塀やデザイン性の高いオシャレな門扉を設置する事が多く、適度に開放感があるのが特徴です。
飽きのこないエクステリアスタイルとしても注目されており、現在では主流となっているスタイルでもあります。

株式会社桑和スタッフ

堺市にあるsowaは、外構リフォームの専門会社として、それぞれのエクステリアスタイルに関するご相談を承っております。
一部ではございますが、実績のご紹介にてオープン・クローズド・セミオープンのスタイルを写真でもご確認いただけますので、そちらも参考にご覧ください。
外構リフォームだけでなく、庭のリフォームや外構工事などあらゆるエクステリアにおいてお客様に満足いただける提案をいたします。ナチュラルデザインのイメージを現実化したいなどのご要望も遠慮なくお申しつけください。堺市以外の富田林市、羽曳野市、和泉市からのご依頼も承っております。エクステリアに関するお悩み、ご相談はぜひsowaにお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ