エクステリアという商品と施工サービスへの想い

代表取締役後藤 良介

はじめまして、代表の後藤良介です。
2002年に入社し、父親である前代表より事業を引き継いで、2013年10月に二代目代表となりました。
10年前、この業界に大人の事情で飛び込み、これで良かったのかという思いとの自問自答の日々が続きましたが、これが遺伝と言うのでしょうか? イツノマニカ この仕事に誇りとやり甲斐を見つけ出し現在に至ります。
私が関わった約10年の間にも、この業界は様々な変化がありました。
その中の一つに『to B から to Cへ』です。(企業間事業から、一般消費者事業)長年、大手ハウスメーカー様の下請け工事をメインに業務活動を行ってきた私達もこの波に乗るべきか悩みましたが、完全移行という道は選ばず、『どっちもやってみせる』選択をしました。
下請け工事で培った提案力、工事力を活かし それを新しい土俵でも武器に戦い続ける。そして、これからも提案力・工事力の向上を目指す。
これを基盤に、大阪でお庭・外構に関することなら『桑和』と言っていただけるように。そしてこのしっかりとした基盤を基に、もっと新しいことにもチャレンジしていこうと思っております。
お庭の歴史を重んじて、柔軟さと斬新さを常に考え、クリエイティブで刺激のあるモノを積極的にご提案します。
お客様に感動して頂ける『付加価値』と、時に身勝手な自分のセンスを信じて、ご提案からお引渡し、そしてアフター管理まで、全力で仕事させてもらいます。

代表取締役後藤 良介