プランニングから完成までの流れ

堺市で外構工事なら株式会社桑和

プランニングから完成までの流れ

1.敷地図

定められた区画や、住まいのサイズ、方位、高さなど、現状を把握するための設計図です。敷地のどの方位にどの程度の空間があるのかということを整理し数値化します。

2.ゾーニング

エクステリアとして仕上げていくスペースのどこに何をどの程度のサイズで配置するのかを計画します。敷地自体の高低差や、隣接する道路との関係性も重要になります。この時点で大まかなエクステリアデザインの計画が明確になってきます。

3.ラフ・プラン

完成を見通したラフプランを作成し完成への道筋を立てます。大まかなプランを作成することで、お客様のイメージしているものと、弊社のご提案のズレをなくしイメージされているエクステリアの完成を実現させます。

4.作図

ラフプランの方向性でイメージが共有できたら実際のプランズを作成します。当社ではコンピューターを利用したCADでのプランニング、手書きでの想像力を働かせる手書きのプランニングとお客様の要望に沿ったご提案方法をご用意しております。

5.プレゼンテーション

当社スタッフが、完成したプランズについて詳しくご説明いたします。 プランズは設計図にもなっており、一般のお客様の知識だけでは見て取れない部分もあるかもしれませんので、当社スタッフが細かな部分まで解説しますので、完成をイメージしていただきやすくなります。