スタッフブログ
STAFF BLOG
»
»
こんなときはこうゆう方法もありです。

2017年3月9日

こんなときはこうゆう方法もありです。
担当:大西効

顔

本日ブログ担当の大西です

たまにありませんか?

溝蓋を掛けたいのだけれど、サイズが合わない・・・

市販サイズでよくある大きさは100、150、180、200、240、300の

6種類ですが、たまにあるのが250という大きさ。

これはまだメーカーによってはあるので良いのですが、困るのは少し大きさが違う場合。

造成地などでは現打ち側溝と言って既製品のU字溝ではなく現場で型枠を作ってコンクリート

を流して作るので微妙に大きさが違うこともあります。特に少しRが掛かった道路に合わせて

作っていたり、古くなって土圧に負けて内側に入ってしまってサイズが変わってしまってるとき

ですね。全部が大きさ違ってるなら特注って手もありますが、お金も時間も掛かりますからね。

と言うことで、今回は別提案。

そこも古い造成地で現打ち側溝でした。

サイズは基本300。グレーチングも300サイズの物が敷いてありましたが、最近掛かりが悪く

落ちそうだとのこと。

確認に行くと全体的に掛かりが甘く、特に真ん中あたりに落ちそうなところがありました。

現打ち側溝は基本角を面取しているので300と言っても片側15ミリずつ斜めになっているので

アングルのサイズを少し大きいものを選んで敷けば問題ないことが多いのですが(通常アングルは30ミリ、

幅広で40ミリ、あとは特注で50ミリとかも出来ます)そこは溝幅自体がなぜか330ありまして、

市販サイズでは到底納まりません。仮にアングルが大きいものを使用したとしても左右にずれやすいので

それだけでは解決出来ないことになります。

新しく作るにも既存の溝蓋が傷んでいるわけではないのでもったいない。と言うことで現場加工することに。

方法はまず、フラットバーをアングルに溶接して単純に落ちないようにしました。

そしてそれだけだと先ほども書いたようにずれてしまうので側溝の幅に合わせて溝蓋の側面にズレ留めを溶接。

ダブルの補強で対応しました。

これで安心して生活できますね!

P3070117-s

フラットバーを溶接。

 

P3070119-s

滑り止めを溶接。

 

 

P3070120-s

見えにくいですがこのように側溝肩に当たるのでズレなくなります。

 

P3070121-s

こんな感じになります。

 

P3070123-s P3070124-s

最後に塗装を施して完了。

 

その他の記事を見る

2024年2月5日
西條敏行
目隠し用ボードで癒しを演出
2024年2月3日
西條敏行
堺市の公共工事:公園の再整備
2024年1月20日
others
カーポートSC【LIXIL(リクシル)】
2024年1月15日
前田英理
新年あけましておめでとうございます
2023年12月28日
藤井智哉
今年もありがとうございました。
2023年11月27日
others
エクステリアとインテリア
株式会社桑和
〒591-8002
大阪府堺市北区北花田町3丁36番4号
TEL:072-253-7373
FAX:072-257-8840
FREE:0800-200-4128
E-mail:info@e-sowa.jp