スタッフブログ
STAFF BLOG
»
»
人工竹垣

2015年11月6日

人工竹垣
担当:河野裕治

こんにちは。本日ブログ担当の河野です。

IMG_7004

 

今日のお話は人工竹垣について。

 

e-バンブーユニット建仁寺垣

(写真:タカショー e-バンブーユニット 建仁寺垣)

 

人工竹垣について

竹垣とはその名の通り、竹で編んだ垣根のことです。

かつては実際の竹を使っていたようですが、現在では樹脂製の人工竹垣がほとんどです。

純和風の庭の定番とも言える商品で、銭湯などでもよく用いられています。

人工竹垣でいつもお世話になっているのが、タカショーさんです。

その特徴は、雨や日差しに強く、腐りにくくて色褪せにくい、優れた耐久性。

また天然竹の美しい質感、表情を徹底的に追求し、細やかな筋や節のひとつひとつまで忠実に再現していること。

ユニット化されているため、施工性が高いこと。

そしてバリエーションとサイズの豊富さです。

竹垣は表情により呼び名が違います。建仁寺垣、大津垣、御簾垣などがあり、大抵のものは人工竹垣でも対応できます。

 

こだわり竹みす垣6型

(写真:タカショー こだわり竹みす垣6型セット)

 

 

こだわり竹大津垣

(写真:タカショー e-バンブーユニット こだわり竹大津垣)

エコ竹清水垣27型

(写真:タカショー エコ竹清水垣27型セット)

 

目隠しとして使用されることが多いのですが、下の写真のようにところどころに「すかし」を入れることで圧迫感を軽減させることもできます。

 

みす垣5型すす竹

(写真:タカショー エコ竹みす垣5型)

 

商品によりますが、サイズもH600の低いものから、H3000といった背の高いものまでさまざまな条件に対応が可能です。

 

また、ボードを既存のブロック塀に貼って、リフォームという施工も可能です。

 

ユニバンブーボードさらし竹

(写真:タカショー ユニバンブーボード壁貼り さらし竹 別注)

 

そして何より和風の庭ならではの、趣のある落ち着いた雰囲気を演出できるという点、これこそが人工竹垣の一番の特徴です。

興味のある方、施工を検討中という方、是非弊社にご連絡を。

その他の記事を見る

2024年2月5日
西條敏行
目隠し用ボードで癒しを演出
2024年2月3日
西條敏行
堺市の公共工事:公園の再整備
2024年1月20日
others
カーポートSC【LIXIL(リクシル)】
2024年1月15日
前田英理
新年あけましておめでとうございます
2023年12月28日
藤井智哉
今年もありがとうございました。
2023年11月27日
others
エクステリアとインテリア
株式会社桑和
〒591-8002
大阪府堺市北区北花田町3丁36番4号
TEL:072-253-7373
FAX:072-257-8840
FREE:0800-200-4128
E-mail:info@e-sowa.jp